ケノンで乾燥肌になるケースとは?乾燥肌を予防するとっておきの方法

ケノンで乾燥肌になる人、すでに乾燥肌でケノンを使いたい人いると思います。

 

ここでは、ケノンと乾燥肌に関するノウハウを調査して分かりやすくまとめました。

 

 

 

乾燥肌の人がケノンを使う際の注意点

ケノンを検討中の方は、「乾燥肌だけどケノン使えるの?」という疑問を持つ方もたくさんいます。結論からいうと、乾燥肌の方でもケノンを使って脱毛することが出来ます。

 

ただし、乾燥肌だと次のような不都合が起こることがあるようです。

 

乾燥肌でケノンを使うとどうなる?

ケノン 乾燥肌

 

乾燥肌のままケノンを使ったり、ケアを怠って乾燥肌になると、次のような症状が起こります。

  1. 痛みが増す
  2. 痒みが増す
  3. やけどする
  4. 脱毛効果が低減する
痛みが増す

誤解を恐れず言うと、フラッシュ脱毛器の光を浴びると、軽い日焼けのような状態になります。乾燥肌がケノンを使うと、肌のバリア機能が低下しているため、ダメージを受けやすくなり痛みが増します。痛みが強いまま脱毛を続けていると、苦痛になって挫折する原因になるので対処が必要です。

 

痒みが増す

ケノンのフラッシュ光を浴びると肌表面の水分が蒸発し、乾燥することによって痒みが増すことがあります。乾燥肌のユーザーが「チクチクして、照射後に痒くなってしまった」という悪い口コミを投稿している場合もあります。また、ケノンを使い続けた結果、知らず知らず乾燥肌で肌が痒くなったということもあります。そのため、ケノンを使う際には、乾燥肌の予防対策をすることも重要です。

 

やけどする

乾燥肌は、肌の水分量が少ないと共に、バリア機能が低下している状態です。同じ照射レベルであっても、肌が弱いとやけどに至る確率が高まります。一度でもやけどしたら二度とケノン使いたくないと思ってしまうかもしれません。そうなる前にケアが必要です。

 

脱毛効果が低減する

乾燥肌だとなぜ脱毛効果が減るのか?それは、乾燥肌だと痛みが強く感じるため、自然と照射レベルを低めに設定してしまいます。その結果、半年で脱毛完了するところが、1年かかったりするわけです。もう一つは、エステサロンで言われていることですが、肌の保湿が不十分だと、十分な光が毛穴の奥まで届かず効果が出にくくなるとのこと。この2つの理由によって脱毛効果が減ります。

 

 

乾燥肌のままケノンを使うと、脱毛期間が延びるばかりか、乾燥肌をさらに悪化させる恐れもあります。最悪の結果、ケノンを買ったはいいが数週間後、1か月後にはタンスの肥やしになってしまうでしょう。

 

では、どうすれば乾燥肌でもケノンを使って脱毛することができるのでしょうか?

 

そもそも、乾燥肌・アトピー肌でもケノンは使えるの?

単なる乾燥肌ならまだしも、痒くて掻きむしったりするぐらいひどいアトピーの場合にはケノンを使えるのでしょうか?

 

結論から言うと、アトピーの場合はケノンを使えません。脱毛器、美顔器共に肌には刺激が強すぎるので症状を悪化させる恐れがあるためです。

 

ケノンの取り扱い説明書には使用の「注意(禁止)」として以下の体質を挙げています。

  • アレルギー体質
  • 皮膚病
  • アトピー
  • 乾燥肌
  • 生理中
  • 血液異常
  • 紫斑になりやすい方

 

乾燥肌やアトピー肌の方は脱毛の前にそれらを直すことに専念しましょう。そして、通常肌になってからでも遅くはありません。

 

そこで、次に乾燥肌やアトピー肌を治す方法を紹介します。「多少の乾燥肌ぐらいいいでしょう」という方は、軽度の乾燥肌の方向けにケノンを使う際の注意点を後ほど紹介していますので、次の章は読み飛ばして下さい。

 

 

ケノンを使う前にを乾燥肌やアトピーを治す方法

乾燥肌、アトピーの方はケノンに限らず、医療脱毛や脱毛サロンにも通うことができません。

 

乾燥肌を治す方法

 

 

アトピー肌を治す方法

 

 

 

軽度の乾燥肌でもケノンを使う方法・注意点

ケノンなどのフラッシュ脱毛器は肌へ熱を加えるため、肌表面の水分が蒸発して乾燥肌になる恐れがあります。また、「私は軽度の乾燥肌なので使いたい!」という方も多いでしょう。実際問題、メーカーは責任を負いたくないため、本当は乾燥肌は問題ないレベルにも関わらず禁止するものです。

 

例えば、Yahoo!知恵袋や口コミサイトで検索すると、乾燥肌の方がケノンを堂々と使っているのを目にします。それだけ、皆さん無視して使って脱毛している訳ですから、厳守する意味はありませんよね。

 

では、軽度の感想肌の方が肌をいたわりながら脱毛し、乾燥肌を悪化させないためにはどういった点に注意をすればいいのでしょうか。調査してみました。

 

あくまでも、ケノンの取説では乾燥肌の方は禁止されているので、使用する際には自己責任でお願いします。

 

ケノンで乾燥肌でも使うための注意点 7選

  1. 事前にムダ毛をしっかり剃る
  2. 肌を冷却する
  3. 肌を保湿する
  4. 照射レベルを調整する
  5. 連射機能を活用する
  6. 脱毛と美顔の同時使用は控える
  7. 使用頻度1〜2週間に1回を守る

 

それでは一つづつ詳しく見ていきましょう。

 

1.事前にムダ毛をしっかり剃る

ケノンの書籍「おうちでケノン」などを見ると、ケノンを照射する前にムダ毛を少し残す形(1p未満)で短く切っておいてから照射を勧めています。その理由は毛根に毛が残っていないと光が吸収されずに脱毛効果が得られないためだそうです。

 

ただし、乾燥肌の場合はムダ毛を極力残さない方がいいです。なぜかと言うと、ケノンの光がムダ毛に当たると吸収されて燃えます。ケノンのカートリッジは肌に密着させる形で使用するので、肌に熱が伝わって火傷に近い状態になるからです。

 

ただでさえ乾燥肌はダメージに弱いのに、毛が燃えた熱で皮膚が熱せられてはたまりませんよね!そうならないためには、手で触ってザラザラしないぐらいに毛をカミソリや電動シェーバーで切りそろえましょう。肌のためを思うなら、電動シェーバーの方がより良いです。ケノンを買うタイミングで買いそろえておきましょう。

 

2.肌を冷却する

ケノン 肌の冷却

肌の冷却の注意点

肌の冷却する際の注意点は2点あります。

  1. しっかり冷やす
  2. 肌に密着させて冷やす
  3. 照射前、照射後に冷やす
しっかり冷やす

気持ち程度肌を冷やして、肌の冷却が足りない人もいます。冷たさを感じるぐらいしっかり冷やすのがポイント。〜3秒を目安に。冷やしても痛みが出るという方にありがちな「あるある」が冷やしたりないことです。ちなみに、ストロングカートリッジやプレミアムカートリッジでレベル10でもしっかり冷やせば痛くないという口コミが多いです。逆に冷却不十分で火傷して水膨れになったケースもありますので、くれぐれもしっかり冷やすようご注意ください。

 

肌に密着させて冷やす

ケノンの冷却パックは小さめで冷却できる範囲も狭いので、冷却部位と照射する部位にずれがあると当然ですが痛みを感じる元となります。冷却パックが小さいと感じたら、100円ショップなどで大きめのものを購入するのもやけど防止に役立ちます。

 

照射前、照射後に冷やす

照射後に肌の冷却を忘れたり、面倒で省略する人もいます。照射後の肌は熱を持っている状態なので、しっかり冷やして肌を通常の状態に戻してあげる必要があります。照射後は1〜3秒程度肌を冷却しましょう。

 

3.肌を保湿する

ケノン 保湿クリーム

肌保湿のポイント

乾燥肌の場合は肌の冷却だけでは不十分です。肌の保湿をすることで、本当の意味で乾燥肌の方もケノンが使えます。肌の保湿は専用の保湿クリームを使い、照射後の肌に塗り込みます。

 

気になる順番は、冷却→ケノン照射→冷却→保湿クリーム塗るの繰り返しです。また、照射前に保湿クリームは塗らないようにしてください。

 

なぜなら、保湿クリームがケノンの光を吸収して、焼け焦げた臭いを発したり、カートリッジに付着して照射効果が低減するためです。

 

おすすめの保湿ケア商品

おすすめの保湿ケア商品は、いくつかあります。まず、ケノン公式サイトでケノン本体と同時購入できる保湿クリームとアフターローション。これは、メーカー公認商品なので間違いなく効果はあります。クリームかローションどちらでもいいですが、より保湿効果を求める場合はクリームを使いましょう。

 

Amazonの保湿クリームランキング
ミノン アミノモイスト モイスチャージミルク 100g 1,527円
キュレル潤浸保湿フェイスクリーム 40g 2,180円
ワセリンHG 366円

 

4.照射レベルを調整する

ケノン 照射レベル

 

照射レベルはレベル1から10までありますが、乾燥肌であっても肌の冷却と保湿をしっかり行えばレベル10照射も可能です。とはいえ、個人差がありますので無理をしない範囲で照射レベルを調整する必要があります。

 

初めてケノンを使う場合は、部位にもよりますが普通より弱めのレベル4ぐらいから使い徐々に上げていきましょう。また、同じ照射レベルであっても、カートリッジが違えば光の強さが違うので、新しいカートリッジを使用する際はまた低いレベルか試すことをオススメします。

 

5.連射機能を活用する

ケノン 連射機能

 

ケノンの脱毛器の連射機能は1、3、6の3種類から選ぶことが出来ます。単純に1回は全てのパワーを1回に集中するので痛い。3連射、6連射になるほど肌には優しくなる半面、脱毛効果は減ります。ただし、照射レベルを下げるよりは、レベル10で連射機能を使った方が、より早く脱毛が終わるので賢く活用するといいですよ。

 


    6.脱毛と美顔の同時使用は控える

ケノンはカートリッジを付け替えるだけで脱毛だけでなく美顔器としても使えます。ただし、脱毛した後に美顔、もしくは逆に美顔をした後に脱毛すると、波長は違えど肌へ熱エネルギーとして吸収され乾燥肌寄りになりが地です。
肌の負担を軽減するベストな使用方法は、脱毛と美顔の使用する日をずらすことです。脱毛は2週間に1回、美顔は数日に1回使用してもOKです。「Life Bear」などのカレンダーアプリ等にアイコンで予定を入れておくと、脱毛予定を忘れずに便利ですよ。
Lifebear カレンダーとToDoと日記の人気手帳

 

7.使用頻度1〜2週間に1回を守る

ケノンを買って早く脱毛終わらせたいと意気込むあまり、毎日や数日おきに脱毛していませんか?使用頻度が多いと、肌へのダメージが回復する暇がないため乾燥肌が悪化するようです。ケノン照射後は軽い日焼けに似た状態になります。(一般的な肌が黒くなる日焼けとは違いますので、誤解されないよう注意ください)

 

体毛には毛周期(成長期・退行期・休止期)があり、部位にもよりますがおよそ2週間に1回生え変わるサイクルを繰り返しています。そのため、毎日照射してもあまり意味がないのです。ケノン公式サイトと公式ブックでは2週間に1回の使用を推奨しています。2週間に1回、もしくは急ぐ場合でも1週間に1回程度に留めておくことが肌にとっても良いということになります。

 

 

乾燥肌でなくても照射を避けるべき部位

次の部位は乾燥肌、通常肌に関係なく照射NGの部位です。間違っても照射しないよう注意してください。

  1. 目の周り
  2. ほくろ
  3. 粘膜
  4. 炎症・ケガのある部位
  5. 日焼けした部位

あとは、大丈夫な痛みかそうでない痛みかは実際に使いながら覚えていって下さい。脱毛サロンや医療脱毛に比べると痛みも少ないケノンですから、あなたが心地いいと感じるか、少し痛いかなぐらいで留めておきましょう。短期勝負よりも長く続けた方が脱毛に成功しやすくなります。

 

 

乾燥肌でケノンを使った人の口コミ・体験談

先ほど乾燥肌の方でもケノンを使っていますよ。とお伝えしました。その証拠が欲しいという方のために、ネット上の口コミを紹介したいと思います。これを見て、乾燥肌でも

 

 

ケノンを使った肌トラブルと対処方法

症状 対処方法
やけどした
ブツブツができた
乾燥肌になった
かゆみが出た
埋没毛になった

※リンク先に症状の詳細説明、原因と対策。画像を載せてありますのでチェックしてみて下さい。